歴史の浅い大阪桐蔭がなぜ甲子園の常連校になったのか?西谷浩一監督の戦略

大阪屈指の強豪校となった大阪桐蔭。

スポンサーリンク

実はその歴史は浅い。その歴史の浅さを埋めるべく西谷浩一監督のとった戦略とは一体どんなものなのだろうか?

最初から読む

歴史の浅い大阪桐蔭が強豪校になった訳

大阪桐蔭は今や甲子園の常連校となった。
毎年のように目の肥えた全国のファンをうならせる試合を展開している。

その流れにさらに勢いをつけているのが、プロをはじめ、上の世界で活躍する若手OBたちである。彼らの力が、今やチームにとって欠かせないものとなっている。

「オフシーズンになると、グラウンドはそれこそOBがいない日はいないほど賑やかです。中田(翔=日本ハム)なんていいですよ。1年のときの3年に辻内(崇伸=元巨人)、平田(良介=中日)がいてOBでは中村(剛也=西武)らと一緒にバッティング練習できたんですから。もちろんプロは生徒に指導できませんが、練習の様子を見ながら互いに“ものが違う”なんて言い合ってね。つまり、身近なところに最高の見本がごろごろあるんです。自分に足らないかの物差しにもなり、西岡(剛=ロッテ~ツインズ~阪神)も中田がプロ入りする前、話だけでもしてやりたいと時間を作り戻ってきてくれました」

プロに限らず、大学や社会人で活躍する選手も同じだ。西谷監督がOBたちに「母校に帰ってきてほしい」と、直接言葉をかけているからである。

「卒業式の日、毎年3年生にお願いしています。他のチームより5倍多く帰ってきてもらいたいと。例えば、僕の母校である報徳学園(兵庫)は、すでに100年以上の歴史。対してうちはまだ20数年です。この差は思った以上に大きくて、大阪桐蔭に足らないものがこの伝統なんです。伝統を築くには、OBの力しかありません。ユニフォームを着て練習していなくても、話をしてくれるだけでも、立ち寄って姿を見せてくれるだけでもいい。それが後輩たちにこれ以上ない見本となり、興味を持つ材料にもなる。OBの力が今とても生かされていて、チームをいい方向に導いているなと思います」

プロに行ったOB達に刺激を受ける選手たち

大阪桐蔭の選手たちは、ほぼ100%、上の世界で野球を続けている。西谷監督は高校野球があくまで野球の「や」の字であってまだ入り口だと考え、ここで燃え尽き症候群になる事を嫌う。

それを自分の口から説明するよりも、ストレートに伝えてくれるのがOBたちというわけだ。

「OB効果はほかにも思わぬところで発揮されていて、直接話をしたことがなくても、見聞きした話が後輩たちへ代々伝わっていくでしょう。ある選手は辻内が冬に行った練習メニューを聞いて、僕にも同じメニューを作ってほしいとこちらに言ってきた。どれだけすごいメニューかを承知のうえでの希望で、つまり自分はこのままじゃダメだということにはっきりと気づいたんですよね」

また、OBの後輩思いも素晴らしい。プロで活躍するスター選手ともなれば、ことあるごとに野球用具や食べ物の差し入れを、車のトランクいっぱいにして運んでくるのだとか。

「平田なんか、やたらとアイスクリームにこだわるんです。自分が高校生のとき、OBにもらったアイスがことのほか嬉しかったらしくてね。今何人いますか?何時に終わりますか?っていちいち聞いてくる。そして高級車でグラウンドに現れて、両手いっぱいアイスを持って走ってくる(笑)」

プロ野球や大学・社会人で活躍するOBたちが母校に顔を出す事で、選手たちは大いに刺激を受け更に練習に力を入れる。OB達が歴史の浅い大阪桐蔭の原動力となっている。

藤井利香●文

つづく

続きを読みたい方は『いいね!』をして下さい。


 

この記事が気に入ったらシェアして下さい。
執筆者のモチベーションUPになります。