1. TOP
  2. ケガと予防法
  3. 野球のケガ
  4. プロ野球選手も実践!ルーズショルダーの治療法・トレーニング全知識

プロ野球選手も実践!ルーズショルダーの治療法・トレーニング全知識

 2017/05/14 野球のケガ
  28,958 Views

プロ野球ファンなら一度は聞いたことがあるかもしれないルーズショルダー

でもどんな症状なのか?治し方は?知らない事が多いスポーツ障害のひとつです。

今回は
・医師の豊田早苗先生
・理学療法士の桜井佑葵先生
の2名が、ルーズショルダーのリハビリの為のストレッチと筋トレを解説します。

この記事を書いた人


豊田早苗(医師)とよだクリニック医長
鳥取大学卒業・総合診療医学会・認知症予防学会に所属。
とよだクリニック医長。総合診療医として診療科を問わず患者さんの病気・症状に向きあい治療を行なっている。


桜井佑葵(理学療法士)
整形外科勤務。10年間、毎日ケガに苦しむ患者さんと向き合いリハビリを行っている。


ルーズショルダー(肩関節不安定症)の治療とリハビリの方法教えます

ルーズショルダーとは肩関節不安定症とも呼ばれ、その名の通り肩関節が緩く、不安定で外れやすい状態です。特に野球選手や水泳選手、バドミントンなどで腕を大きく回す事の多いスポーツやラグビーや柔道などのボディコンタクトの多いスポーツで多く発症します。

ルーズショルダーの症状

肩の動作時に痛みやだるさ、疲労感を感じます。また腕を上げたり、振りかぶると肩が抜けてしまいそうな感じや不安定さを感じます。
時に腕にしびれを伴ったり、可動域に制限が出る事もあります。

ルーズショルダーの原因

ルーズショルダーになる原因は大きく分けて以下に分けられます。

●先天的(生まれつき)関節が柔らかく緩い場合

●怪我や使い過ぎなどが原因で後天的に緩くなる場合

●肩のアウターマッスルとインナーマッスルのバランスが崩れてしまって緩くなる場合

元々肩関節というのはあまり安定性に優れた関節ではありません。しかし他のどの関節よりも可動性に優れており、360°色々な方向に動かす事が可能です。
可動性に優れている分、安定性に欠けるというのが特徴です。まずは肩関節の構造について解説していきます。

肩の関節は元々「はまり」が浅い!

一般に肩と呼ばれる部位は肩甲骨と上腕骨で構成されている関節で肩甲上腕関節と呼びます。

肩甲骨がソケットの役割でそこに上腕骨がハマりこんでいる形となります。このような形状の関節を球関節と呼びます。

人間の身体では股関節も球関節に含まれますが、肩と股関節ではソケットの大きさが違うのが特徴です。

図のように股関節の骨盤の部分のソケットは大きく、大腿骨が深くハマる作りとなっています。そのため、安定性に優れていて滅多に外れる事はありません。

しかし図のように肩関節のソケットは小さく浅い作りとなっています。そのためハマりが浅く関節の構造自体が不安定な作りとなっているのです。

骨だけの構造では安定性に欠けるため、それを筋肉や靭帯が補強する形で安定性を得ているのです。

また関節唇と呼ばれる車止めのような役割を果たしている重要な組織や関節包と呼ばれる関節を包んでいる膜も安定性に関与します。

先天的に関節が緩い場合は、ソケットの役割をする肩甲骨側の関節窩に何らかの形成不全があり起こる事があります。骨の形状が生まれつき浅かったり、骨がうまく成長せずに浅くなったりして不安定な状態です。

後天的になる場合は、転倒や強い衝撃など一回の強いストレスによって筋肉や靭帯、関節唇や関節包などが損傷を起こしてなる場合、オーバーユースにより繰り返しかかるストレスによって組織が損傷を受けてなる場合の2パターンに分けられます。

靭帯や関節包の損傷の度合いによっては脱臼が繰り返し起こる事もあります。

豊田先生
脱臼は、完全に関節が外れてしまった状態ですが、ルーズショルダーでは、関節は外れておらず、周囲の筋肉や靭帯が緩んでいる状態です。

生まれつき関節が柔らかい人は要注意

身体が硬いと怪我をしやすいというのは多くの人が持っている認識かと思います。

となると身体が柔らかいに越した事はない!という認識になるかと思いますが、実は柔らかすぎるのも怪我を起こしやすいのです。

柔らかすぎる傾向の人は関節が緩くなっている可能性が高いです。関節が柔らかすぎると、靭帯など関節を守っている組織が伸びる許容範囲を超えて動かされるため損傷を起こしやすくなります。

この関節の緩みを評価するcarter(カーター)徴候という評価法を紹介します。

あなたもルーズショルダー?関節の緩みのチェック方法

上の図の動きで関節の緩さを評価します

①親指を手首の方に曲げて親指が付くか

②指を後ろに反らした時に腕と平行になるまで反るか

③肘を目一杯伸ばした時に0度以上反るか

④膝を目一杯伸ばした時に10度以上反るか

⑤踵を地面に付けたまま膝を曲げて足首が45度以上曲がるか

この5つの項目のうち3つ該当すると全身性に関節が緩いと判断されます。
さらに

・背中で指を組めるか

・膝を伸ばして前屈して手のひらがペッタリ付くか

・立った姿勢で踵と膝をつけてつま先が180度開くか

の3つを加えたルースネステストというものもあります。

これらの該当項目が多いほど関節が緩いという事になります。

豊田先生
ルーズショルダーになる人の多くは、肩関節だけでなく、全身の関節が緩い傾向があるため、このようなテストが1つの指標になります。

ルーズショルダーになったプロ野球選手

ヤクルト 伊藤智仁

150キロを越える剛速球と145キロの高速スライダーが武器でルーキーイヤーから大活躍。

キャッチャーとして高速スライダーを受けていた古田敦也をして「打者だったら絶対に打てない」と評した。伊藤智仁はルーズショルダーで肩の動きがしなやかだからこそ、あの高速スライダーを投げられたと言える。ルーズショルダーは諸刃の刃だった。

ソフトバンク 斉藤 和巳

ホークスの大エース。最多勝2回。最優秀防御率2回。最多奪1回。沢村賞受賞2回。最優秀投手3回という記録を持つ。150キロの速球とスライダー・フォークどれをとっても超一流。

ルーズショルダーは高校時代から自覚していた。右肩腱板損傷で戦線離脱。6年間かけてリハビリをし復帰を目指すも願いはかなわず2007年に引退。

広島 津田 恒実

広島カープのファンはいつまでも忘れないであろう大投手。
剛速球にこだわりバッターに対して常に真っ向勝負のピッチングは「炎のストッパー」と言われる。「弱気は最大の敵」が座右の銘。ルーズショルダー・血行障害からカムバック。ストレートにとことんこだわったピッチングはファンを大いに湧かせた。脳腫瘍で32歳で逝去したのは本当残念だ。

広島 横山 竜士


入団3年目の1997年に56試合に登板し10勝5敗という成績をあげるがルーズショルダーを発症。しかし横山はピッチングスタイルを変えコントロールと投球術で中継ぎとして18年に渡り広島の貴重な中継ぎとしてマウンドを守った。

巨人 澤村 拓一

155キロの剛速球を駆使し力で打者を抑え込む。またスライダー・フォーク・カーブも使う。

2011年のルーキーーイヤーから先発として活躍。その後、2015年にはクローザーに転向。

あわせて読みたい

ルーズショルダーの治療法

ルーズショルダーと診断された場合、その原因がどこにあるかによって治療法が異なってきます。

先天的に関節が緩い場合や関節唇、関節包が損傷して不安定になってしまった場合はその構造自体が問題であるため改善が困難となる事も多いです。

保存療法(手術や傷んだ組織の摘出などは行わない治療法)で経過を見ますが、改善が得られない場合は手術を行う事もあります。

保存療法では患部への局所注射やリハビリを行います。手術としては伸びきって緩んだ靭帯や関節包を再建する方法や関節に熱を加えて収縮させる方法が行われます。

ルーズショルダーのリハビリ・トレーニング

肩の筋肉は表層にあるアウターマッスルと深層にあるインナーマッスルとにわけられます。

大胸筋や広背筋などの大きく表面にある筋肉はアウターマッスルに含まれます。棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋は回旋筋腱板またはローテーターカフとも呼ばれインナーマッスルに含まれます。

この筋肉のバランスを良くしよう。

肩が安定して動くためにはこのアウターマッスルとインナーマッスルとのバランスが非常に大事になります。

アウターマッスルは主に腕の大きな運動を引き起こし、強い力を発揮します。逆にインナーマッスルは大きな運動や強い力は発揮しませんが、上腕骨(腕の骨)を肩甲骨に近づけて安定させたり、骨の位置を微調整する役割があります。

このアウターマッスルが過剰に働き、インナーマッスルの働きが弱いと肩が不安定となりやすくなります。ルーズショルダーの人はインナーマッスルの働きはが十分でない事が多いです。

一般に行われている重たいダンベルを持った運動やジムにあるベンチプレスなどはアウターマッスルを過剰に使う筋力トレーニングであるため、やり過ぎに注意が必要です。

ルースショルダーの為のインナーマッスルの筋トレ方法

インナーマッスルは強い力を発揮する筋肉ではないのであまり強い負荷でのトレーニングは効果が得られません。ダンベルで言うと3Kgまでの重さが望ましいです。

用意するもの

セラバンド

棘上筋筋トレ

写真のようにセラバンドを使用し、腕を30°程度横に挙げます。
体が横に倒れたり、手首や指に力が入りすぎると棘上筋がしっかりと働きません。

肩甲下筋筋トレ

セラバンドを手すりなどに固定し、肘を90°に曲げて脇をしめます。

脇が開かないよう、手をお腹から遠ざけるように内側に捻ります。
体が捻らないように、手首や指に力が入りすぎないようにするのがポイントです。

棘下筋筋トレ

セラバンドを手すりなどに固定し、肘を90°に曲げて脇をしめます。

脇が開かないよう、手をお腹に近づけるように外側に捻ります。
体が捻らないように、手首や指に力が入りすぎないようにするのがポイントです。

ルーズショルダーには肩甲骨の安定を

先ほど説明したインナーマッスルの棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋を見ると全て肩甲骨から上腕骨についています。このインナーマッスルが効率よく働くためには肩甲骨が安定している事が必要条件です。

肩甲骨は肋骨に囲まれた胸郭という部分の上に浮かんでいるようにあり、筋肉によって固定されています。よって肩甲骨を支えている筋肉が弱ると肩甲骨が不安定となり、インナーマッスルの筋力も十分に発揮されません。

最近はスマホやタブレットの普及にて猫背で下を向く時間が長い人が増えています。そうすると頭が背骨より前に出ていて、猫背となり肩甲骨が外に開いた姿勢となっている事を多く見かけます。
すると肩甲骨を支えている僧帽筋という筋肉が働きにくくなり、結果的にインナーマッスルの機能の低下と繋がります。

つまりインナーマッスルを効率よく働かせるためには肩甲骨や背骨の動きも大切なのです。

以下に僧帽筋の筋力トレーニングと猫背姿勢改善のストレッチをお伝えします。

僧帽筋トレーニング

図のようにバンザイをして壁に手の甲をつけた位置から、壁から手を離して肩甲骨を内側に寄せていきます。顎を引いてお腹を凹ませることがポイントです。

胸椎伸展ストレッチ

バスタオルを丸めた物を肩甲骨の下に敷き、両腕をバンザイします。
背骨が伸びているのを感じて30秒以上ストレッチします。

胸椎伸展・僧帽筋筋トレ

四つ這いで、鍛える方の手を頭の上に回します。

そのまま肘を上に突き上げ、肩甲骨を内側に寄せていきます。

※代表的なリハビリ方法を載せていますが、個人個人で身体状態は違うため、医師や理学療法士、トレーナーの指導の元、自分の病態にあったトレーニングをすることが大切です。

あわせて読みたい

まとめ

●ルーズショルダーは生まれつき関節が緩い先天性の場合と怪我によって生じる後天性の場合がある

●肩の構造自体に問題があり、治療しても改善が見られない場合は手術となる

●肩のインナーマッスルを鍛えると肩の安定性を得る事が出来るため有効である

豊田早苗(医師)●文
桜井佑葵(理学療法士)●文

ケガを防ぎたい人・治したい人は『いいね!』をして下さい。役立つ情報をお届けします。

関連記事

スポンサードリンク

ライター紹介 ライター一覧

豊田早苗

豊田早苗

医師

●経歴
2000年 鳥取大学医学部卒業
2001年 医師免許取得
2001年~2004年 島根県で内科医、総合診療医として勤務
2004年 勤務しながら、認知症も含めた精神科医療を学ぶ
2005年 とよだクリニック開業(精神科・心療内科・神経内科・内科)

●参加学会

総合診療医学会
認知症予防学会

●著書→コチラ 

私は、普段、診療科を問わず、様々な病気や症状に悩んでおられれ方の相談対応にあたっています。
運動は、生活習慣病の予防やストレス発散に、とても効果的で、患者さんに日常生活に運動を取り入れるよう勧めることが多々あります。ですが、急に運動を始めるとケガしやすいため、ケガの予防、さらには、ケガした際の応急処置や対応についても指導するようにしています。
ここには数多くのケガに関する記事が掲載されています。
これらの記事が皆さんがケガについての正しい知識や対処法について学ぶ機会となり、運動を楽しく続ける参考になれば良いなあと思っています。


●桜井佑葵(理学療法士)

理学療法士として10年目、これまで総合病院、整形外科クリニック、訪問リハビリなどで多くの疾患のリハビリを経験。現在、病院で働きながらジュニア期のサッカーチームの怪我予防の指導やトレーナー業務も兼務中。

自身の理学療法士としての経験、スポーツ経験を生かして読者に有益な情報を与えられるように執筆させていただきます。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 膝の痛み!ホッファ病(膝蓋脂肪体炎)の治療法とリハビリ【完全版】

  • オーバートレーニング症候群の症状チェック・診断・治療・全知識

  • 外反母趾が痛い!原因・治療・手術・靴・テーピング・インソール全知識

  • 突き指になった時の処置・対処・テーピングの方法教えます

関連記事

  • トミー・ジョン手術とは?費用やリハビリ方法・全知識

  • 野球肩の痛みをとる!原因と治し方・ストレッチ・サポーターを教えます。

  • 野球肘の痛み!症状・治し方とストレッチを教えます