1. TOP
  2. 高校野球と甲子園
  3. 箕島高校 尾藤公監督 3 ~思い出の試合と信念~

箕島高校 尾藤公監督 3 ~思い出の試合と信念~

 2016/02/27 高校野球と甲子園
  91 Views

試合では笑顔でリラックスさせ、選手の持つポテンシャルを100%発揮させるよう導いていく。

スポンサーリンク

そして、伝説となった延長18回の星稜(石川)戦では、試合後のミーティングで選手と言葉ではなく、涙でコミュニケーションをとった尾藤監督
喜怒哀楽をあえて出し、ありのままの自分をさらけ出すことで選手の信頼を勝ち取る。

尾藤監督の記事を最初から読む方はこちら

尾藤監督によれば、星稜戦ともうひと試合、忘れられない試合があるという。
星稜との激闘に勝ち、順当に勝ち星を重ねて迎えた決勝戦。

浪商(大阪)との戦いである。

浪商といえばエース・牛島和彦(中日~ロッテ)と、ドカベンこと香川伸行(南海~ダイエー)のバッテリー。
逆転逆転のシーソーゲームの末に、箕島が8-7で勝利している。

勝負を決めた8回の攻防で、サイクルヒットがかかっていた主砲の北野敏文(一塁手)が
バッターボックスに入り、ドカベン香川に向かって「勝負せい!」とけしかけた。

浪商ベンチのサインは敬遠であったが、牛島・香川のバッテリーは勝負に出た。

お互いに逃げない―――。

試合後、「力と力でぶつかり合った、すがすがしいゲームだった」と、尾藤監督は振り返る。
(北野選手は史上初のサイクル安打を達成した)
箕島ベンチに顔を向け、尾藤監督に向かってにっこり笑った香川の姿に
愛されるべき豊かな人間性を感じ、それも印象に残ると言っていた。

白熱の試合を制した箕島はセンバツ優勝を遂げ、続く夏も制して春夏連覇を果たした。

「春夏連覇は考えもしなかったので感慨深いことです。でも本当に感激したのでは、やはり初出場の時ですよ。一番最初に甲子園の舞台に立てた時の、言葉にならないほどの感激は忘れられません」

名門・平安高校との練習試合に奔走

初出場、昭和43年センバツでいきなりのベスト4入りを果たしたのだが、その原動力となったのが東尾修(西武)だ。

実は東尾投手ら3人の選手は、当初平安(京都)に行く予定だった。
なんとか地元でやって欲しいと説得し、それから箕島の歴史が変わることになった。

ある時選手たちに「どこと練習試合がしたい?」と聞いたところ、「平安」と答えが返って来た。

「よっしゃ! 任せろ!」と言ったのはいいが、当時の箕島は全くの無名校。
予想どおり、電話ではまったく相手にしてくれない。

そこで尾藤監督が直接学校まで出向いたのだが、監督も部長も会うことすらしてくれなかった。
どうしようかと頭を抱えていたところ、野球部とは全く関係ない先生が「夜、この店に行けば部長に会えるかも知れませんよ」
と教えてくれた。

尾藤監督はそこへ行き、やっと生徒たちの願いである「平安高校戦」を現実のものにできたのだった。

「でも来たのは、2軍のチームでしたけどね」

悔しさを心の奥にしまい込み、それから無我夢中でノックバットを振り続けた尾藤監督。
駆け出しの初々しい指導者の頭の中にあったのは、
名門高校といわれるチームの2倍、3倍の練習量をこなさなければ勝てない。この信念だけだった。
甲子園での笑顔とは裏腹に、グラウンドは「戦いの場」をとことん実践した指導者でもあった。

寝食を忘れて信念を貫けば、夢はいつか実現となる。

『いいね!』をすると最新の記事を読むことが出来ます。



こちらも読まれています

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="2" data-matched-content-ui-type="image_stacked"

ライター紹介 ライター一覧

藤井利香

藤井利香

東京都生まれ。日本大学卒。

高校時代は(弱小)ソフトボール部の主将・投手・4番として活躍。大学では、体育会ラグビー部の紅一点マネージャー。関東大学リーグ戦グループ・学生連盟の役員としても活動。

卒業後は商社に勤務するも、スポーツとのかかわりが捨てがたく、ラグビー月刊誌の編集に転職。5年の勤務のあと、フリーライターとして独立。高校野球を皮切りに、プロ野球、ラグビー、バレーボールなどのスポーツ取材を長く行う。現在は、スポーツのほかに人物インタビューを得意とし、また以前から興味のあった福祉関係の取材等も行っている。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 甲子園で優勝に導いた大阪桐蔭高校 野球部 西谷浩一監督

  • 歴史の浅い大阪桐蔭がなぜ甲子園の常連校になったのか?西谷浩一監督の戦略

  • 大阪で強豪校を作り上げた大阪桐蔭高校 野球部 西谷浩一監督

  • 甲子園で準優勝!履正社 野球部 岡田龍生監督

関連記事

  • 宇部商業(山口県)玉国光男監督 3  ~選手とのコミュニケーション戦略~

  • 甲子園で準優勝!履正社 野球部 岡田龍生監督

  • 箕島高校 尾藤公監督 4 ~甲子園で35勝する為の選手の分析方法とは~

  • 大阪で強豪校を作り上げた大阪桐蔭高校 野球部 西谷浩一監督

  • 箕島高校 尾藤公監督 1 ~甲子園で選手の能力を100%出す秘訣~

  • 石巻工業(宮城県)松本嘉次監督 最終回 ~学校の再建と感動の選手宣誓~