桐蔭学園(神奈川県)土屋恵三郎監督 3 ~選手の親にも心を馳せて~

野球以上に礼儀を教え、更に不必要な上下関係を排除するなど「改革」を行なってきた土屋監督。
その目は選手の親御さんにも向けられていた。

前回の記事はこちら

土屋監督は高校、大学といずれも日本代表に選ばれ、法政大学では江川卓投手(元・巨人)とバッテリーを組んだ。
そして、社会人野球でプレーしている最中に母校から監督要請を受ける。
でもそのとき、土屋監督にはすでに家族があり、小さな娘もいた。

「中学生の同級生と22歳で結婚しちゃったのよ。だから指導者の道に入ることを一瞬ためらったんだけど、ポンと背中を押してくれたのがおふくろのひと言。”ここまでこれたのは誰のおかげか”という。でもこうも言われて嘆かれた。”あなたはずっと家にいない”って。(笑)」

高校、大学と合宿生活を続け、社会人になったと思ったらすぐに所帯を持った。
高校野球に携わるようになってからは毎日グラウンドの往復で、親や家族といる時間は当然のように限られた。

「この付近からほとんど出たことがない。プライベートの旅行だって子供が小さいときくらい。たとえ行っても、うちは寮だから選手たちが気になってすぐに帰ってきてしまう。家族の理解あっての自分でした。」

丸一日かかることは極力避け、オフにゴルフに誘われても断った。「先生はいつも学校にいますね」と事務方の人に笑って言われるほどだった。家で休めるのは正月三が日くらいだが、この日は教え子が入れ替わり立ち替わりやって来て、そうゆっくりもしていられない。

「教え子はよく彼女を連れてくるんです。私以外に誰か連れてきていませんかって、彼女から心配そうに聞かれたこともあったなぁ。(笑)」

大学でプレーする教え子たちは、シーズンごとに様子を報告しに来る。そのたびに土屋監督はポケットマネーで交通費と称した千円の小遣いを渡していた。社会人になってからはもちろんそんな事はしないが「毎日1万円を両替しておくのも日課だった。」と懐かしむ。


 

この記事が気に入ったらシェアして下さい。
執筆者のモチベーションUPになります。